三木監督は「限られた時間の現場でやれることなんて知れている」という考え方のため、撮影前の約1か月間でほぼすべてのシーンのリハーサルを行った。監督の演出は「『全部自分が言う通りにやってください。台詞は一言一句変えないでください』とすごく細かく行われる。唯一、松尾さんの寄り目は松尾さんからのご提案です(笑)」(山野)。麻生久美子は監督と久々に会って「昔に比べると優しくなった」と語っていた。
「怒鳴らないけれど自分のイメージと違う時は『違う』とはっきり伝える方です。台詞を一字でも間違えたら『台詞違うよ』と。ただ現場やリハーサルではやはりご自身のオリジナルということもあるのか、監督は『この作品、大変だ』と言いつつ、楽しそうでもありました」(山野)。

TOPへ戻る