吉岡は撮影前から阿部のことを「コメディの王様のような人」だと話しており、がっつり面と向かって芝居することを「楽しみでもあり、不安でもある」と語っていた。「どれだけ阿部さんにぶつかっていけるか?というのが吉岡さんのテーマとしてもあったようですが、阿部さんはとてもナチュラルに現場に立っていらっしゃるというか、自分を飾ることなく堂々とされていた」(山野)。また撮影の合間も阿部と吉岡が「ほんとに現場が楽しくて」(吉岡)「うそつけ、そんなこと思ってないだろ?」(阿部)みたいな感じで冗談を言い合う場面も。そのようなやりとりで、吉岡はリラックスすることができ彼女の阿部に対する信頼感が増したようだと山野は感じている。「吉岡さんも阿部さんのことを、安心してぶつかっていける懐が深い方と言ってました。ふたりの芝居はイキイキしていて、掛け合いもとても楽しんで演じている感じがありました」(山野)。

TOPへ戻る