シンが歌う主題歌「人類滅亡の歓び」を作曲したのは、L’Arc~en~Cielのボーカルやソロとして世界で活躍する正真正銘のロックスター・HYDE。「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました(笑)」と語る楽曲は、シンの世界観を見事に象徴した曲となっている。そして作詞は、さまざまな音楽ジャンルを横断しながら通算600曲を超える楽曲を手掛けてきた、元SUPERCARのいしわたり淳治が担当。
ふうかが歌うもうひとつの主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を担当したのは、若者を中心に絶大な人気を誇る期待のシンガーソングライター・あいみょん。脚本を読んだあいみょん自身の解釈により、ふうかの成長を表現した渾身の楽曲は映画のラストに大きなパワーを与えている。
さらに、PABLO、KenKen、SATOKO(FUZZY CONTROL)、THIS IS JAPAN、never young beach、橋本絵莉子、富澤タク(グループ魂/Number the.)、KATARU(ニューロティカ)、NABO(ニューロティカ)、清水麻八子、八十八ヶ所巡礼らが楽曲提供・出演で本作を激烈にサポート、今世紀最強アーティストが集結した!