4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ世界的カリスマロックスター・シンを演じるのは、映画『舞妓Haaaan!!!』(07)、『謝罪の王様』(13)、『殿、利息でござる!』(16)の阿部サダヲ。共演の吉岡からも“コメディの王様”と称されるその圧倒的かつフルスロットルな演技を本作でもいかんなく発揮。「グループ魂」ではボーカル・破壊として活躍する歌声をスクリーンに叩きつける!
そんなシンとは対照的に、異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかを演じるのは大ブレイク中の吉岡里帆。TVドラマ「ゆとりですがなにか」(16)、「カルテット」(17)等で魅せたコメディエンヌぶりは本作でパワーアップ。初挑戦となったギターと歌唱は撮影前、半年間に渡り猛特訓を重ね、並々ならぬ覚悟と気合いでふうかの魅力を最大限に引き出す。
シンとふうかという正反対の2人が、いつしか唯一無二のバディとなっていく様も必見!