「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

頂いた企画書の頭に書かれていたタイトル。
これが私には映画の題でありながら、突然贈られてきた激励のメッセージの様に見えました。
台本を読み進めていくと、絶妙な掛け合いに笑いが込み上げ、予測出来ない展開にワクワクし、ラストシーンではじんわりと胸が熱くなりました!
昔から大好きだった三木聡監督の作品に出られること、監督のピュアで真っ直ぐな台詞を発せられること、ただただ嬉しく台本を抱きしめたくなりました。
そして同時に背筋が伸びました。
私の演じる明日葉ふうかという役は声があまりに小さなストリートミュージシャンです。
でも私は歌もギターにも触れたことが無い人間です。
ふうかになるべく0から作っていってます。殻を破るための殻作りを今しています。
生の成長記録として、皆様の胸が熱くなれる様に全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願いします。