ふうかの親戚のおばさん。吉祥寺にある「13アイスクリーム」を、夫のザッパおじさんと営んでいる。いつも黒ずくめの服を着ている魔女キャラ。やたらと声がでかい。80年代には「ガラスの仮面」というバンドをザッパおじさんと組んでいて、一応レコードデビューはしている。

演じたデビルおばさんは、ふうかの唯一の血の繋がった親戚です。ふうかに一人前になってほしい、不甲斐ないという気持ちもあって厳しいですが、結局ふうかを応援しているという役でしたね。大きな声と乱暴な感じは、台本を忠実に演じました。吉岡さんはすごく良い子で、撮影に入るとふうかになって、いろいろ成長していったんじゃないかなと会う度に思いました。映画とともに、吉岡さんの成長度合いが見えた感じがしました。いつもの三木監督の作品ですが、今回は音楽がテーマだったので、面白いパンクロックみたいな作品になると良いなと思います。