Comment

ライブシーンで炸裂する「人類滅亡の歓び」の編曲では三木監督のアイデアに基づき、様々なサブカルとリンクした音楽的要素を詰め込めこみつつ、やりたい放題で最高に気持ちがいい音に仕上がりました!
映画に出演することが夢だったこともあり、作品と関わり最高の体験をさせていただきました。
是非、映画館の大音量で『EX MACHiNA』の轟音を『シン』の絶唱を全身に浴びてください!!

Profile

ラウドロックの先駆けバンド・Pay money To my Painのギタリスト。バンドの活動休止後はプロデュース、ライブサポート活動を本格化。近年では、 金子ノブアキ、Kj and the Ravens、HYDE、LiSA、岡崎体育、赤い公園、などへのサウンドプロデュース、楽曲提供などで活躍している。ギターマガジン「日本の偉大なギタリスト100」において88位を獲得。