この映画は笑って観る映画です。恥ずかしがらず、たくさん笑いましょう。
(安部勇磨(never young beach))